健康ガイド

バックナンバーはこちら

副鼻腔炎について

副鼻腔とは、鼻腔(鼻穴の中)のまわりの骨の中にある粘膜でおおわれた空洞の事です。頬、両目の間・奥、額の4か所に存在します。副鼻腔はそれぞれが細い道で鼻腔とつながっています。
その副鼻腔で炎症がおこると副鼻腔炎です。俗に「蓄膿症」といわれたりもします。
副鼻腔の粘膜に細菌やウイルスが感染することなどによって炎症が起こり、鼻水、鼻づまり、後鼻漏(のどに鼻水が落ちる)、悪臭、頭重感、歯痛様疼痛などさまざまな症状が現れます。(ハウスダストや花粉症などアレルギーに併発することもあります。)
炎症により副鼻腔と鼻腔の細い道が更にはれて狭くなり、副鼻腔内の膿が外に出せずに中にたまってしまい、その為に炎症が長引き易くなるという傾向があります。又風邪などを反復する事により、治りかけていても再々炎症が繰り返されることによって症状が長引いてしまうという事もよく起こります。その様な状態が2−3ヵ月以上続くと慢性副鼻腔炎となってしまいます。
放置すると、中耳炎やのどの炎症など他の病気を引き起こす事もあります。時には鼻づまり・後鼻漏などの為に睡眠障害をおこす事もあります。更には抗生剤などの医療が進歩している現在ではごくまれになっていますが、副鼻腔炎が眼に進展し視力障害などを起こしたり、脳にまで進展し意識障害を起こし致命的になる危険もあります。

検査

鼻鏡や内視鏡などにより、鼻の中やのどの粘膜の腫れの程度、鼻水・後鼻漏の量や性状、鼻ポリープの有無などを評価します。またレントゲンによって、炎症の場所・範囲・程度などを評価します。さらに詳しく情報を得るために、CT検査などを行うこともあります。

治療法

薬物療法やネブライザーなどを使った処置により治療を行います。それでも治らない時は手術を行う事もあります。

・薬物療法について
一般的に以下の薬剤を使用して治療を行います。

・抗生物質
まず通常の殺菌目的の抗生物質(セフェム系・ニューキノロン系など)を1〜2週間服用します。薬の効果を確かめながら投与するので、4〜7日の間隔で評価します。効果がおもわしくない場合には薬を変えます。
急性期の状態が落ち着いてきましたら、マクロライド少量長期療法という治療法を行います。この際に用いるマクロライド系の抗生剤は、通常の抗菌作用を期待するのではなく、この系統の抗生剤が持つ、副鼻腔炎に対する免疫・細胞機能の修飾作用を目的に、通常量より控えた量(1/4~半量)を長めに投与する事となります。そのため通常の抗菌作用を期待する抗生剤の場合は投与期間を最大でも2週間までに抑える必要がありますが、マクロライド少量長期療法の場合は2週間を超える中〜長期の投与期間を行う事となります。この治療法の場合は、抗生剤の投与期間が長期となりますが、ただ漫然と長期にわたり抗生剤を使用しているのとは違うということを理解して下さい。

・気道粘液溶解薬、気道潤滑薬など  
粘液を溶かしたり、鼻副鼻腔にある線毛の働きを高めたりして、鼻水や膿などを出しやすくする薬です。副鼻腔内にたまった膿の粘りを低下させ排膿してくれます。さらに粘膜そのものの抵抗力を高めて修復する作用もあります。

・解熱鎮痛薬
頭痛・顔面痛などの急性期症状が重い場合に使用します。

・抗アレルギー剤
アレルギー疾患の併発時、関与が考えられる場合に使用します。


・鼻処置
 
血管収縮薬や局所麻酔薬を用いて、鼻腔と副鼻腔のつながりの腫れを軽減したうえで、たまった鼻水・粘液・膿などを吸引して鼻腔の環境を良くします。

・ネブライザー療法
抗生剤やステロイド剤を混入した薬液を、ネブライザーという機械によって霧状にして、鼻などから吸い込む治療方法です。霧状にする事により、薬液は鼻腔のみならずさらに奥の副鼻腔にまで送り込む事ができます。幼児でも簡単に行えます。
少量の薬液量で済み、全身への薬の影響が少なくて済むため、副作用が起こりにくいという利点もあります。

最後に

急性副鼻腔炎は多くの場合、風邪などが引き金となり鼻やのどに細菌やウイルスの感染がおこり、それが副鼻腔にまで波及して引き起こされます。一方風邪も治りかかってくると、仮に多少の鼻水・鼻づまり・後鼻漏などが残っていたとしても「この程度なら問題ない」「いちいち受診が面倒」と放置してしまう場合があります。しかしこの様に鼻水などが残り長引く場合には、急性副鼻腔炎が引き起こされている可能性があり、これを放置していると慢性化となってしまう危険もあります。そして頭重感や集中力低下など日常生活にさまざまな支障を来たしたり、中耳炎やのどの炎症などの原因になる恐れもあります。又まれに眼症状・脳症状など他の重い合併症を引き起こす危険さえもあります。鼻水・鼻づまり・後鼻漏などが残る場合は、「面倒だから」とそのまま放置せずに早めに病院・診療所を受診するよう心がけましょう。
また、治療により自覚症状が改善した場合でも、いったん副鼻腔炎を引き起こした場合、まだ炎症は残っている事が多く、放置すると慢性化となり、やはり様々な支障を来たす事になります。「症状がなくなったから大丈夫」などと自己判断で服薬や受診を中止したりせずに、医師の指示を守りながら、根気強く治療を続けていくことが大切です。

安芸えきまえ耳鼻科
鷲頭 洋三