特定健診のご案内

特定健診は40歳から74歳までのすべての方が対象です。

特定健診では、メタボリックシンドロームを中心とした生活習慣病に近づいていないかを調べ、毎年定期的にうけることで、健康状態の変化を知ることができます。

日本人の死因の6割は生活習慣病でその半分はメタボリックシンドローム関連疾患となっています。
毎年特定健診を受け、健康状態をチェックしましょう。

特定健診Q&A

対象者

40歳から74歳のすべての方

健康保険証に記載されている、本人及びご家族の方
(くわしくは健康保険証に記載されている医療保険者までお問い合わせください。)

誰が実施するの

ご加入の医療保険者

  • 各種健保組合・共済組合・国保組合・協会けんぽなど。
  • 国保は市町村が実施します。

費用は?

一部負担金のみです。

具体的な料金は健康保険証に記載されている医療保険者までお問い合わせください。

どんな検査をうけるの?

腹囲の測定など、メタボリックシンドロームの発見に重点をおき、各種検査項目を実施します。
検査項目例:問診・身長・体重・腹囲・血圧・血液検査・尿検査等

診断結果は?

検査結果は健診をうけたすべての方に、検査結果をもとに現在の自分の体の状態、生活習慣病予防のための基本的な情報が提供されます。
また、メタボリックシンドロームのリスクがある方を対象に特定保健指導が行われ、医師や保健師などの専門スタッフから、患者様のライフスタイルや健康状態にあわせた保健指導をおこないます。

毎年受診するの?

健康な毎日の為に毎年受診しましょう。

自覚症状が少ないまま進行していく生活習慣病の予防には、年ごとの数値の変化を確認し、生活の見直しに役立てることが大切です。


詳細はパンフレットをご覧ください。


Get readerPDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。 Adobe Readerをインストールするには右のバナーをクリックしてAdobe社のサイトへ行き、ダウンロードしてください。